乳酸菌まるわかりサイト » 知っ得!乳酸菌にかんする基礎知識 » 【特集】乳酸菌とビフィズス菌の関係

【特集】乳酸菌とビフィズス菌の関係

混同されがちな乳酸菌とビフィズス菌の違いを、特徴を比較しながら解説します。 

乳酸菌とビフィズス菌って何が違うの?

ヨーグルトなどの乳製品に含まれる乳酸菌とビフィズス菌は似た働きをする善玉菌。乳酸菌の別名をビフィズス菌と呼んでいる、と思っている方も多くいらっしゃると思います。
たしかに、どちらも糖を分解して乳酸を生産する力があることから、乳酸を生み出す細菌ということで「乳酸菌」と一括りにされることもありますし、ビフィズス菌は乳酸菌の一種とする専門書もあります。

しかし、乳酸菌とビフィズス菌には以下のような異なる性質があり、分類学的にいっても全く別の菌にあたります。

・菌の形状
・生息場所
・酸素に対しての性質
・生成する物質

これらが、どのように違い、どういった性質をそれぞれが持っているのか見ていきたいと思います。

乳酸菌とビフィズス菌の共通点

  • 腸内に悪影響を与える悪玉菌の増殖を抑制する。
  • 免疫力を向上させる。

まず、知っておきたいのが両者の共通点。どちらも糖を分解することにより、乳酸を生み出し、体にとって良い働きをするため善玉菌に分類されます。その中でも、乳酸を作り出す善玉菌を乳酸菌と呼びます。ひとつの菌を指すものではないため、ビフィズス菌も乳酸菌の一種であるといえるのです。

乳酸菌の特徴

  • 菌の形状は球状の球菌や棒状の桿菌
  • 酸素があるところでも生存し、発酵食品の中などに特にたくさん含まれている。
  • 腸内だけでなく口腔内や女性の膣内にも存在し、酸による自浄作用でウイルスや雑菌から体を防御。
  • 酸素があっても生育が可能な通性嫌気性
  • 乳酸のみを生成
  • ビフィズス菌の住みやすい環境を作り、そのサポートをする。

乳酸菌は外部からしか取り入れることができず、さらに腸内に住み着けないという特徴があり、乳酸菌はつねに補う必要があります。ビフィズス菌はもとより体内に定着しているため、この点は大きな違いとなります。

また、菌の形状や酸素があっても生息でき、生成する物質も異なることなどから、同じ括りにされる乳酸菌とビフィズス菌でも全く別の菌であるということが分かると思います。

ビフィズス菌の特徴

  • 菌の形状は多形性桿菌で、Y字状V字状など分枝を伴う棍棒状や他の形状も見られる
  • もともと人間の体に生存している善玉菌。
  • 酸素があるところでは活動できない偏性嫌気性であるため、大腸に多く見られる。
  • 乳酸菌だけでなくキ酸や殺菌効果のある酢酸を生産できて、より強力。

乳酸菌との一番の違いは、キ酸や酢酸を生成する点にあります。これらの強力な殺菌効果は、食中毒や外部からの菌から体を守っています。
酸素の少ない腸内において、偏性嫌気性という特徴が有利に働き、数多くの細菌が存在する腸内において、ビフィズス菌は善玉菌の99.9%を占めるとも言われている大切なものなのです。

しかし、このビフィズス菌、年齢を重ねるにつれて腸内の生存数が減ってしまうということがわかっています。
生まれたばかりの赤ちゃんの約99%以上がビフィズス菌を保有しているのに対し、成人は約10%、60歳頃には約1%とほとんどの人が失ってしまうのが現状。

乳酸菌にはこのビフィズス菌の住みやすい環境を作り、サポートをする役目もあります。善玉菌としての役割を十分に発揮するためには、両者ともに切っても切れない関係なのです。
腸内のビフィズス菌の数を維持するためにも、乳酸菌の入ったサプリメントや食品の摂取を毎日の心がけにしましょう。

乳酸菌サプリメントランキング

ビフィーナS
<スーパー>

ビフィズス菌50億+乳酸菌10億+オリゴ糖を配合。独自技術の「ハイパープロテクトカプセル」により、ビフィズス菌が約90%の生存率で腸へ届く。

商品の詳細はコチラ

プラズマ乳酸菌

免疫細胞をじかに活性化すると言われているプラズマ乳酸菌を配合したサプリメント。

商品の詳細はコチラ

アレルケア

カルピス社が独自開発した「L-92乳酸菌」(ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株)を配合。

商品の詳細はコチラ

↑