乳酸菌まるわかりサイト » 知っ得!乳酸菌にかんする基礎知識 » 乳酸菌と健康

乳酸菌と健康

 なんとなく体にいいとはわかっている乳酸菌。実際にどんな健康効果があるのか紹介します。

乳酸菌がもたらす健康効果

注目されてから今もなお、研究がさかんにおこなわれている乳酸菌。いろいろな病気・疾病に効果が期待できることが明らかになってきています。

みなさんもご存知、整腸作用があることは有名ですよね。便秘にはもちろん下痢にも効果があります。

その他にも、免疫力のアップやアレルギー症状改善、肌荒れへの効果も。これらは乳酸菌やビフィズス菌を代表格とする善玉菌の、毒素を排泄・代謝する働きが影響しています。また、がん細胞の抑制が確認された例もあります。

ただし、すぐに効果を発揮したり、絶対に効くという保障は残念ながらありません。

長くとり続け、腸内を健康に保つことによる体への健康効果は立証されており、予防医学という視点からみても、乳酸菌の効果には十分に期待できるのです。

健康な体は腸内環境から

人間の免疫力をはじめとする健康の調節機能は腸内環境、すなわち腸内の細菌が大きく影響していることが近年の研究では明らかになっています。

腸の状態が体全体の健康を左右するだなんて信じがたい話ですが、免疫力の低下は健康に悪影響をおよぼし、それは腸内の細菌が大きく関わっているようです。

人間の免疫細胞の半数以上は腸内にあるといわれており、腸の免疫力を高めることが体全体の免疫を高めることになります。そこに大きく関わるのが腸内細菌である善玉菌と悪玉菌です。善玉菌が減れば悪玉菌が増え、有害物質が多く発生。結果として免疫力の低下につながり、体にさまざまな悪影響をおよぼすのです。

善玉菌の代表格となる乳酸菌は、多くが腸に存在し悪玉菌を撃退。作り出した乳酸によって免疫力を高めます。腸内の免疫細胞の活性化は体全体の免疫力を向上させ、アレルギー症状・肌荒れ・がん細胞抑制に結びつくのです。

全ての乳酸菌が健康にいいとは限らない?

乳酸菌であればなんでも健康にいいというわけではないようです。

乳酸菌とひとえに言っても、その種類は数百種類といわれています。種類により期待できる効果も異なり、どういった種類にどのような効果があるかは、特別な効果を期待して乳酸菌摂取を考えている場合、ある程度知っておく必要があります。

例えば、
LGG菌という種類には、アトピー性皮膚炎の予防や改善といった、他の乳酸菌には見られない効果があります。

その他にも、コレステロール値を下げたいのであればGCL1176株やクレモリスFC株が有効とされ、病原性大腸菌の感染リスクを下げるにはSBT2928株、大腸がん予防に効果が期待できるシロタ菌、というように、各種期待できる効果も大きく異なります。

また、効果を実感できる人・全く変化が見られない人というように、同じ種類の乳酸菌でも相性が分かれてしまう場合があるようです。

自分に合った種類を見きわめるためには色々な種類を試す方法以外にはなさそうですが、乳酸菌食品で多くの種類を試すとなると手間がかかってしまうため、手軽に摂取できるサプリメントで自分に合った乳酸菌を探すのがオススメです。

乳酸菌サプリメントランキング

ビフィーナS
<スーパー>

ビフィズス菌50億+乳酸菌10億+オリゴ糖を配合。独自技術の「ハイパープロテクトカプセル」により、ビフィズス菌が約90%の生存率で腸へ届く。

商品の詳細はコチラ

プラズマ乳酸菌

免疫細胞をじかに活性化すると言われているプラズマ乳酸菌を配合したサプリメント。

商品の詳細はコチラ

アレルケア

カルピス社が独自開発した「L-92乳酸菌」(ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株)を配合。

商品の詳細はコチラ

↑