乳酸菌まるわかりサイト » 知っ得!乳酸菌にかんする基礎知識 » 乳酸菌の増やし方

乳酸菌の増やし方

善玉菌の増やし方について、乳製品やサプリメントの摂取、食生活の改善、ストレスの解消などが有効であることを解説します。 

善玉菌アップと悪玉菌ダウンが腸内環境改善のカギ

乳酸菌を増やすには2つの方法を同時進行させると効果的!まず、善玉菌である乳酸菌を多く摂取すること。

もう一つが腸内の悪玉菌を減らす努力をすること。具体的な方法をご紹介しましょう。

善玉菌(乳酸菌)を増やす方法

ヨーグルトやチーズなどの乳酸菌を含む乳製品をたくさん食べる

最近は、腸内環境に良い乳酸菌を多く含むヨーグルトが各メーカーからこぞって販売されています。

ヨーグルトをあまりたくさんは食べられないという場合には、ドレッシングやジャムの代わりにするなど、料理に取り入れるのもグッド。

乳酸菌を含んだサプリメントを摂る

乳製品が苦手だったり、そんなにたくさんは食べられないという方は、手軽に摂れるサプリメントがおすすめです。

食べ過ぎて体重が増加する心配もないので、便秘に悩んでいたりダイエット中に腸内環境を整えたいときにも重宝します。

プレバイオティクスで増やす

乳酸菌を取り入れた次に考えなければいけないことは、腸内に住み着いた乳酸菌や善玉菌を活発化させ、育てることです。

「ヨーグルトやサプリを毎日摂取すれば、善玉菌は勝手に増えていく」と、誰しもが考えがちではないでしょうか。実は、例え生きたままの乳酸菌が腸まで届いたとしても、そのまま腸内に住み着くというわけではないのです。

取り入れた乳酸菌を腸内で増やしていくには、プレバイオティクスを考える必要があります。難しい言葉に感じますが、簡単にいうと、腸内の善玉菌にエサを与え、増やし、効果を発揮させる、乳酸菌を最大限に活かすために、必要なものです。

中でも食物繊維やオリゴ糖は、腸内の乳酸菌にとって良い栄養素とされており、菌の効果を発揮させ、増殖につながります。

せっかく摂取した乳酸菌をムダにしないためにも、プレバイオティクスを意識して、増やし育てることで、その効果を高めていきましょう。
また、乳酸菌に加え、オリゴ糖も配合されたサプリメントもあるため、それらを活用するのもオススメです。

悪玉菌を減らす方法

食習慣の改善

好き嫌いが激しい人は栄養も偏りがち。

発酵食品が嫌いで肉ばかり食べている人の腸には悪玉菌がはびこりやすくなります。

悪玉菌が増えてしまうと病気を発症する可能性も高くなるので、野菜や発酵食品バランス良く摂取するようにしましょう。

ストレスや疲労の解消

疲労が募ると腸の活動も鈍って悪玉菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。

また、自律神経を乱れさせるストレスは腸内環境を悪化させる要因の一つ。

睡眠不足や疲れを感じたら、ときには十分体を休め、リフレッシュすることも大切です。

乳酸菌サプリメントランキング

ビフィーナS
<スーパー>

ビフィズス菌50億+乳酸菌10億+オリゴ糖を配合。独自技術の「ハイパープロテクトカプセル」により、ビフィズス菌が約90%の生存率で腸へ届く。

商品の詳細はコチラ

プラズマ乳酸菌

免疫細胞をじかに活性化すると言われているプラズマ乳酸菌を配合したサプリメント。

商品の詳細はコチラ

アレルケア

カルピス社が独自開発した「L-92乳酸菌」(ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株)を配合。

商品の詳細はコチラ

↑