乳酸菌まるわかりサイト » 知っ得!乳酸菌にかんする基礎知識 » プロバイオティクスとは?

プロバイオティクスとは?

 乳酸菌について調べてみると、プロバイオティクスという言葉を頻繁にみます。プロバイオティクスとはそもそもどういったものなのか、分かりやすく解説します。

プロバイオティクスとは

わたしたち人間の体にとって良い影響をあたえる微生物のこと、またそれらを含んだ食品や製品をプロバイオティクスと呼びます。乳酸菌を代表とする善玉菌はプロバイオティクスの一種ととらえられます。

プロバイオティクスが体内で有効に働いていれば、消化器系のバランス改善やさまざまな病気の未然防止に期待ができます。たとえば、食中毒菌が体内に入っても重症化にいたらないのは、腸管での防御・排除する機能がうまく働いているからであり、これはプロバイオティクスなくしては機能しません。

プロバイオティクスの条件

乳酸菌にもさまざまな種類があります。どんな種類であってもプロバイオティクスと呼べるかというとそういうわけではないそうです。

現在では、簡単に以下のような条件を満たす菌種がプロバイオティクスと定義され、認められています。

  • 安全性の保障
  • その人の腸内にもともといる菌である
  • 生菌のまま腸内に届く
  • 小腸や大腸で増殖可能
  • その人にとって有効な効果を発揮できる
  • 食品などの状態でも菌が有効
  • 安価でとりあつかいが容易である

 

しかし、研究の進歩と共に定義は常に変わるもの。近年では「死菌にも効果がみられる」という見解や意見も多くあり、生菌のみならず死滅した菌もプロバイオティクスと呼んでいいのでは、という議論もなされています。今後、プロバイオティクスの定義に変化がある可能性はあります。

プロバイオティクスを摂取する

悪玉菌の増殖を抑える乳酸菌を、生きたまま腸に届けるプロバイオティクス。腸内環境改善や食中毒など、あらゆる病気を未然に防ぐ効果があるとされています。

具体的な生理的効果として、コレステロールの低減やアレルギー・免疫疾患の改善、がんの発生や再発を防ぐ効果さえもあることが、近年の研究や実験から期待されています。

健康を考えるのであれば、プロバイオティクスを効率よく摂取する方法を考えるべきだといえるでしょう。

プロバイオティクスというと、ヨーグルトのイメージを強く持っている方が多いと思います。しかし、サプリで乳酸菌を摂取する方法は手軽なため、近年増えつつあります。さらに、味噌、醤油、漬物、甘酒・日本酒などの、乳酸菌を含んだ日本食もプロバイオティクス食品にあたります。

日々、根気強くヨーグルトを摂取し続けるのは、困難です。和食をうまく取り入れ、サプリを活用することによって、賢くプロバイオティクスを摂取することをオススメします。

さらにプロバイオティクスを効率よく摂取するためには、プレバイオティクスの存在を知っておくべきでしょう。

プレバイオティクス

プロバイオティクスと名前が似ているので混同してしまいそうですが、こちらはプロバイオティクスの働きを高める物質のことをさします。
乳酸菌を例にとってみると、食物繊維はその働きを助け、オリゴ糖などはエサとなります。乳酸菌にとっての食物繊維やオリゴ糖がプレバイオティクスということになるのです。

プロバイオティクスとプレバイオティクスをうまく組み合わせることにより、乳酸菌の働きは高まり、腸内環境を整えるのに効果的です。これらを上手く摂取すること、2つを組み合わせた食品やサプリメントをシンバイオティクスと呼びます。

これらプレバイオティクス・シンバイオティクスを考え、乳酸菌の効果を高めることが、効率的にプロバイオティクスを摂取する方法といえるでしょう。

乳酸菌サプリメントランキング

ビフィーナS
<スーパー>

ビフィズス菌50億+乳酸菌10億+オリゴ糖を配合。独自技術の「ハイパープロテクトカプセル」により、ビフィズス菌が約90%の生存率で腸へ届く。

商品の詳細はコチラ

プラズマ乳酸菌

免疫細胞をじかに活性化すると言われているプラズマ乳酸菌を配合したサプリメント。

商品の詳細はコチラ

アレルケア

カルピス社が独自開発した「L-92乳酸菌」(ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株)を配合。

商品の詳細はコチラ

↑