乳酸菌まるわかりサイト » 知っ得!乳酸菌にかんする基礎知識 » 1日の摂取量の目安は?

1日の摂取量の目安は?

こちらでは1日に必要な乳酸菌の摂取量などについて解説します。

1日に必要な乳酸菌の量とは?

現在約100万個以上が、一日に必要な乳酸菌の量と言われています。毎日100万個の乳酸菌を腸内に運んでいれば、お通じが良くなったり、免疫力が向上して風邪をひきにくくなったりと、健康な体を維持できる可能性が高くなります。

でも、乳酸菌100万個とは、いったいどのくらいのことなのでしょう?ちょっと想像がつきませんよね。

一般的なヨーグルトで置き換えると、市販されているヨーグルトの場合は、約200グラムの中に乳酸菌が100万個含まれていると推定されます。200グラムというと、決して多いとは感じませんが、毎日摂るとなると大変です。しかも、乳酸菌の熱や胃酸に弱いという性質を考慮すると、さらにたくさん摂らなければならないでしょう。

ということは、必要な乳酸菌をヨーグルトから毎日すべて摂るのは現実的ではありませんよね?

そこで近年は、乳酸菌を多く含んだサプリメントやドリンクなどが広く普及しているのです。

乳酸菌を摂り過ぎても体に良くない?

乳酸菌は、摂取しすぎても良くないことがあります。とくに次のような人は注意しましょう。

  1. 牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしてしまうタイプの人
  2. 適量の乳酸菌を摂取しただけなのに、お腹を壊したことのある人
 

1.に当てはまるタイプの方は、もともと体質的な影響で、または年齢の影響で、お腹の消化酵素が少ない人です。牛乳だけでなく、乳酸菌を多く摂取したときもゴロゴロとお腹を壊してしまうことがあります。

2.のタイプの方は、特定の乳酸菌が体質に合っていない人です。体内の乳酸菌の種類はいくつかあり、それぞれの必要なバランスは、個々によって多少異なります。そのため、体質に合う乳酸菌、合わない乳酸菌が、どうしても生じてしまうのです。

合わない乳酸菌を摂取しすぎるとお腹を壊してしまうので、別のタイプのもの(合うもの)を探したほうが良いでしょう。ヒトの体の健康には必要な乳酸菌。でも、摂取の仕方を間違えると、逆に健康を害してしまうこともあるので注意してください。

乳酸菌は「生きたまま腸まで届く」タイプのものを選ぶ

上でも少し触れましたが、乳酸菌は熱や胃酸に弱いという性質を持ちます。一説には、ほとんどの乳酸菌が胃や十二指腸で死んでしまい、腸に届くのはほんのわずかとか。生きたまま腸に届くからこそ、腸の働きを活発にし、整腸作用、便秘解消、病原菌の抑制作用といった効果が期待できるのです。

もし乳酸菌をサプリメントやドリンクなどから摂取する場合には、それが「生きたまま腸まで届く」かどうか、確認してから購入したほうが良いでしょう

乳酸菌サプリメントランキング

ビフィーナS
<スーパー>

ビフィズス菌50億+乳酸菌10億+オリゴ糖を配合。独自技術の「ハイパープロテクトカプセル」により、ビフィズス菌が約90%の生存率で腸へ届く。

商品の詳細はコチラ

プラズマ乳酸菌

免疫細胞をじかに活性化すると言われているプラズマ乳酸菌を配合したサプリメント。

商品の詳細はコチラ

アレルケア

カルピス社が独自開発した「L-92乳酸菌」(ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株)を配合。

商品の詳細はコチラ

↑