乳酸菌まるわかりサイト » 知っ得!乳酸菌にかんする基礎知識 » 【特集】乳酸菌と酵母の関係

【特集】乳酸菌と酵母の関係

 なんとなく漠然と発酵に関わる菌だと知っていても詳しくは知らない乳酸菌と酵母。2つの関係を解説します。

乳酸菌と酵母の関係性って?

乳酸菌にとって酵母菌は、よりよい効果を発揮するため、とても相性のいい関係であるといえます。

乳酸菌は酵母菌の成長をうながす乳酸を生成し、成長した酵母菌は乳酸菌を増やすためのエサとなります。乳酸菌をはじめとする善玉菌は、増殖することにより効果を発揮するため、お互いを成長させる乳酸菌と酵母菌はいい相互関係がうまれています。
また、酸性を好むという生息環境が似ていることから、味噌や漬物など、同じ食品に同時に存在することが多くみられます。

同時に摂取することで、より大きい健康効果が生まれることに期待ができるのです。

乳酸菌と酵母菌の共通点

  • 発酵食品の材料となっている
  • 同じ食品に使われることもある
  • 腸内環境の改善に効果が期待できる
  • 生息環境は酸性を好む

共通点が多く、同じ発酵食品の材料となっているためよく同類の菌として扱われがちですが、実際にはそれぞれが生成する物質や、体への効果などに差が見られます。

乳酸菌と酵母菌の違い

  • 糖質から作り出す物質が違う
  • 腸内において作用する場所が違う
  • 細胞の内部構造に違いがある

共通点も多く、両者ともに善玉菌として、腸内に良い働きをもたらす乳酸菌と酵母菌。しかし、どちらかだけを摂取していれば良いというわけでもなく、それぞれにきちんとした役割があります。

決定的な大きな違いとしてあげられるのが、糖から生成される物質。乳酸菌が乳酸を作り出すのに対し、酵母菌はアルコールと炭酸ガスを生成します。これらは体内における悪玉菌を抑制する効果を持ち、乳酸菌からは生成できません。
また、乳酸菌は主に大腸で働くといわれていますが、酵母菌は大腸のみならず、免疫系の機能もつかさどる小腸にも作用するため、乳酸菌とは違った効果が期待できます。
生物構造上、全く別の生き物にあたる点も、大きな違いとなります。乳酸菌は細胞核を持たない原核生物、酵母菌は細胞内にミトコンドリアと細胞核をもつ真核生物となります。

このように、単なる同じ発酵菌といった漠然としたイメージではなく、違いとそれぞれの効果を知り、乳酸菌にプラスして酵母菌を摂ることで、乳酸菌の効果をさらにあげることにつながるといえるでしょう。

酵母の特徴

酵母とは主に酵母菌のことをさします。酵母菌は空気中や地面、植物から野菜・果実まであらゆるところに存在しており、その種類は350以上。食品ごとに適した種類が使われるのが特徴です。

酵母菌は主にパンや酒の発酵にもちいられ、発酵の際には糖質からアルコールと炭酸ガスを作り出します。

酵母菌が体内に入ると、腸内で糖類の消化吸収を助け、腸のぜん動運動も活発にします。糖を分解するさいに生成する炭酸ガスにより、他の多くの微生物は存在できなくなります。こういった特性から悪玉菌の抑制に使用されいます。

また、酵母菌の生成するアルコール・有機酸・二酸化炭素などは、免疫力の活性化に注目されている発酵食品に多く使われています。酵母菌は大腸の他にもリンパ管の多い小腸にも働きかけるため、こういった理由からも免疫に対しての効果が高いとされています。

単体でもこれだけの利点があるにも関わらず、乳酸菌の増殖をも促す酵母菌。
せっかく乳酸菌をとるのであれば両方をうまく取り入れて、効力アップを狙ってみましょう。

 
乳酸菌サプリメントランキング

ビフィーナS
<スーパー>

ビフィズス菌50億+乳酸菌10億+オリゴ糖を配合。独自技術の「ハイパープロテクトカプセル」により、ビフィズス菌が約90%の生存率で腸へ届く。

商品の詳細はコチラ

プラズマ乳酸菌

免疫細胞をじかに活性化すると言われているプラズマ乳酸菌を配合したサプリメント。

商品の詳細はコチラ

アレルケア

カルピス社が独自開発した「L-92乳酸菌」(ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株)を配合。

商品の詳細はコチラ

↑