乳酸菌まるわかりサイト » 種類がいっぱい!健康や美容に効果抜群な乳酸菌はどれ? » プラズマ乳酸菌

プラズマ乳酸菌

キリンと小岩井の共同研究から生まれたプラズマ乳酸菌について、その効果、歴史などを解説します。

プラズマ乳酸とは

正式名称:ラクトコッカス・ラクティス・JCM5805

キリンと小岩井乳業により共同開発されたプラズマ乳酸菌。プラズマ乳酸菌の研究がスタートしたのは2010年と、乳酸菌の中では歴史が浅い方です。

しかし、健康や美容に大きな効果を発揮することから、2013年頃から大変注目を浴びています。

現在、プラズマ乳酸菌を開発したキリンと小岩井乳業は、プラズマ乳酸菌を配合した水や炭酸水、乳飲料などを販売しています。

プラズマ乳酸菌の効果

  • 免疫力の向上

プラズマ乳酸菌が体内に入ると、インターフェロン・NK細胞・キラーT細胞・B細胞などの、ウイルスから体を守る免疫細胞が活性化するので、インフルエンザや風邪の予防ができます。

  • 風邪やインフルエンザの症状が緩和

キリンと東海大学医学部が臨床実験を行ったところ、プラズマ乳酸菌を摂取させた人は、させていない人に比べて、風邪の発生率が6.3%少ないという結果に。
さらに風邪をひいた人たちに、プラズマ乳酸菌を摂取させたところ、摂取していない人たちに比べて、のどの痛みが5割減、咳が7割減という結果も。
プラズマ乳酸菌は免疫力を高めるだけでなく、症状を緩和する効果もあるのです。

  • ロタウイルスの症状を緩和

子供が感染すると、下痢や嘔吐などの症状があらわれる「ロタウイルス」。このロタウイルスに感染させたマウスに、プラズマ乳酸菌を摂取させる実験をしたところ、プラズマ乳酸菌を摂取したマウスのみ2日後にロタウイルスの量が半減。
これらのことから、「プラズマ乳酸菌はロタウイルスによる症状を緩和する」と実証されています。

  • アンチエイジングの効果

プラズマ乳酸菌にはアンチエイジングの効果もあります。プラズマ乳酸菌を摂取したマウスと、していないマウス、この2匹の成長過程を観察したところ、明らかにプラズマ乳酸菌を摂取したマウスの方が、毛ツヤも綺麗で、かつ筋肉の衰えも遅くなりました。

プラズマ乳酸菌はウイルスから体を守るだけなく、美容にも効果があるので、免疫力の弱い子供から、いつまでも若々しくありたいと思う大人まで、幅広い人におすすめしたい乳酸菌です。

乳酸菌サプリメントランキング

ビフィーナS
<スーパー>

ビフィズス菌50億+乳酸菌10億+オリゴ糖を配合。独自技術の「ハイパープロテクトカプセル」により、ビフィズス菌が約90%の生存率で腸へ届く。

商品の詳細はコチラ

プラズマ乳酸菌

免疫細胞をじかに活性化すると言われているプラズマ乳酸菌を配合したサプリメント。

商品の詳細はコチラ

アレルケア

カルピス社が独自開発した「L-92乳酸菌」(ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株)を配合。

商品の詳細はコチラ

↑